メンテナンスでさらに長持ち

フロアコートの価格は種類によってさまざま

床をキズから保護するために「フロアコート」は欠かせません。価格は業者によってさまざまで、コーティングの種類によって異なります。施工前によく確認しておくと良いでしょう。コーティングの価格は耐久性に比例しています。長く持つものほど高額で、耐久性が低いほど安くなることを頭に入れておきましょう。
現段階で最も耐久性が高いのはUVコーティングです。耐久性は20年で、価格は1平方メートルで約5000円になります。最大の特徴は紫外線で定着することです。乾くスピードが早いので、できるだけ施工を早く済ませたい人はこのタイプを選択しましょう。
最もポピュラーなコーティングがさまざまな分野で活躍している素材シリコンです。耐久性は約10年で、価格は1平方メートルで4000円くらいになります。耐熱性や弾力性にも優れていていて、特有のやわらかさがあるのが特徴です。クッション性にこだわる人はこのタイプを選択すると良いでしょう。
コーティングを施すとき、安さだけで飛び付くのはNGです。後々になってほかよりも実は高額だったという失敗例もあります。そのようなことがないように施工する前に料金設定はよく理解しておくと良いでしょう。

フロアコートはメンテナンスが大事

フロアコートの価格は、決して安いものではありません。しかし1度施しておくとフローリングの美しさを長く持続させることができます。住宅を長持ちさせるためにも施しておくと良いでしょう。
ガラスコーティングは、薄いガラスを何層にも重ねたものです。強度が高く耐久性に優れています。価格は1平方メートル4500円くらいで、高級感のある光沢が長く続くのが特徴です。
ウレタンコーティングはガラスほどの強度はありませんが、美しい光沢が特徴です。価格は1平方メートルで3500円くらいになります。耐久性は条件にもよりますがだいたい7年くらいです。
アクリルコーティングは最も安く、1平方メートル1000円というのもあります。ただ耐久性は2年と短くその度に塗り替えなくてはなりません。
耐久性が高いほど価格は高額ですが、数年ごとに塗り替える必要がないので長い目で見ればお得と言えるでしょう。安いコーティングは耐久性が短くなるので、数年ごとに塗り替える必要があります。価格だけで選ぶのではなくトータル的に見て判断しましょう。また、メンテナンスやお手入れ次第で光沢のもちが変わります。長持ちさせるためにも定期的にメンテナンスをしましょう。

Copyright(C)2017 家を長持ちさせるフロアコートは価格と質で選ぶ!お役立ち情報サイト All Rights Reserved.