フロアコートの価格相場を知っておこう

フロアコートは種類で価格が異なる

新築を購入したら、フロアコートを施しましょう。フローリングを保護し、美しさを長く保ちます。また、クッション性がアップするのもメリットです。歩きやすくなり快適に過ごせることでしょう。
フロアコートの価格はコーティングの種類で異なります。最も高額なのはUVコーティングです。費用は20畳ほどで約16万円になります。耐久性はだんとつ高く、お手入れ次第で20年美しい状態を維持できます。その次がガラスコーティングで費用は11万円くらいです。薄いガラスを何層にも重ねたもので、強度が高く美しい光沢が続きます。ハードで割れにくいのも利点です。その次に高いのがシリコンコーティングです。費用は約10万円くらいになります。費用と耐久性のバランスが取れていて、コーティングの中で最もポピュラーです。ウレタンはだいたい8万円くらいになります。ほかに比べると耐久性に劣りますが、安さが魅力です。アクリルはさらにリーズナブルで約5万円くらいになります。数年ごとに塗り替えなければなりませんが、お得に済ませたい人におすすめです。
このように高額なものほど耐久性が高く、安いものほど耐久性は低くなります。長い目で見れば少し高額でも塗り替える必要がないタイプがお得です。

フロアコートの価格相場について

フロアコートは高いというイメージが強い方が多いと思います。しかし一度フロアコートをすると定期的なメンテナンスが不要になり、掃除が楽になるだけでなくフロアの傷予防にもなるのです。フロアコートをしていないと2、3ヶ月に一度の定期的にワックスをかけなくてはなりません。ワックスをかけると半日以上は時間を使い、その度に費用もかかります。このワックスをしないと艶がなくなることはもちろんフロアが傷んでしまい、最悪フロアの張り替えになりそうなると結果的にフロアコートよりも断然金額が高くなるのです。気になる値段ですが部屋の広さとフロアコートにも様々な種類がありそれにより価格も変わってきます。耐久性の高いUVコートでトータル約20万から30万、そこそこ耐久性の高いガラスコートで15万から30万、中間の耐久性のシリコンコートは15万から25万、耐久性は低いがコストが安いウレタンコートで10万から20万とのお値段となっています。高いように感じますが耐久性の高いものに関しては25年から30年はメンテナンスが不要になりますで1年で考えると1万円程度となります。
このように高いように感じるだけで実はワックスを定期的にかけることを考えればフロアコートの方が結果的に安く済むことにもなりますので、しっかり検討するようにしましょう。

Copyright(C)2017 家を長持ちさせるフロアコートは価格と質で選ぶ!お役立ち情報サイト All Rights Reserved.